SILCA(シリカ)3D-Printed Titanium Derailleur Hanger(3Dプリント チタニウムディレーラーハンガー)(101/cannondale)

SILCA

SILCA 3Dプリント チタニウムディレーラーハンガーです。

SILCAの3Dプリンテッドチタンディレイラーハンガーを使用すれば、ギアシフトの精度と速度を向上させることができます。3Dプリンテッドチタンディレイラーハンガーは、最大12倍の剛性と2〜10gの軽量化を実現することで、標準的なアルミハンガーよりも優れたパフォーマンスを発揮します。

SILCA 3Dプリントチタンディレーラーハンガーは、しばしば軽視されがちな部品に堅牢性と剛性を注入しますが、迅速かつ正確なシフトには不可欠です。現代の電子式ディレイラーは驚異的なスピードと力で動作するため、低グレードのアルミニウムで作られた従来のハンガーは、シフト中に最大4度曲がる可能性があり、精度が低下し、ギアチェンジが遅くなります。

SILCAの高度な3DモデリングとAI生成の構造面材により、3DPハンガーは従来のアルミハンガーに比べて5〜7倍の剛性を確保し、モデルによっては2〜6gの軽量化を実現しています。

シマノダイレクトマウントの互換性を必要とする場合、SILCAの3DPダイレクトマウントハンガーは、セットアップからダイレクトマウントリンクを削除することで、剛性が8〜12倍に向上し、4〜10 gの軽量化を実現しています。

SILCA 3DPハンガーは、2023年のツール・ド・フランスで2度のステージ優勝に貢献し、プロ自転車競技場で実戦テストされました。これらのハンガーは耐久性があり、何度も衝突してもディレイラーの位置合わせを維持できることが実証されています。

SILCA 3DPハンガーは、剛性だけでなく、手動で位置合わせが可能で、内部にフラクチャーノッチを備えています。このディテールにより、ハンガーは損傷点よりも下で破壊したり曲げたりすることができ、カーボンフレームを激しい衝撃から保護し、フレームを高価な損傷から保護することができます。

■ダイレクトマウントハンガー : 一般的なアルミ製ハンガーの8〜12倍の剛性
■ダイレクトマウントハンガー : 一般的なアルミハンガーより4〜10g軽い
■SRAMハンガー : 一般的なアルミハンガーの5〜7倍の剛性
■SRAMハンガー : 一般的なアルミハンガーより2〜6g軽い
■パフォーマンス : シフトの精度と速度を大幅に向上
■安全性:衝突後の位置ずれのリスクを最小限に抑える
■保護 : フレームを節約するフラクチャーノッチ設計により、激しい衝撃でもハンガーが犠牲になります。
■スタイル : SHIMANOダイレクトマウント
■対応ブランド : cannondale(101)

ご購入はこちらからどうぞ